2-2 リカバリディスクを作成する xp再インストール方法〜データ復旧しましょ〜

windows xp 再セットアップ
■1win xp 再インストールとは
1-1再インストールが必要なときとは
1-2再インストール方法とは
1-3再インストールする前に
1-3-1トラブル解消方法を探す
1-3-2データのバックアップをとる
1-3-3購入時の状態に戻す
1-3-4ミュートの設定を解除する

1-4リカバリディスクについて

■2システム復元ツールのバックアップをとる
2-1起動方法
2-2リカバリディスクを作成する
■3システムの復元
3-1はじめる前に
3-2ハードディスクから復元する
3-3リカバリディスクから復元する
3-4システムを復元したあとは
■4アプリケーション再インストール(セットアップ)操作手順
パソコンメンテナンス
人気周辺機器
スポンサードリンク

2-2 リカバリディスクを作成する

リカバリディスクを作成方法
              
1 [名前]で作成するディスクをチェックするにしてください

チェックボックスにチェックがついているディスクを作成します。
作成する必要のないディスクは、チェックをはずしてください。


2 CD / DVD メディアをセットする



3 [書込み]ボタンをクリックする

書き込みが開始され、
[進捗状況]に「ディスクに書込み中です。」
と表示され、画面下に残りの時間が表示されます。
書き込みを途中で中止する場合は、
[キャンセル]ボタンをクリックしてください。




4 メッセージを確認し、[OK]ボタンをクリックする

書き込みが終了すると、
ドライブのディスクトレイが自動的に開きます。
作成するディスクが複数枚ある場合は、
メッセージに従ってCD / DVD メディアを入れ替えてください。
作成したディスクの種類(リカバリディスクなど)と
番号がわかるように、
ディスク作成後は、
忘れずに「リカバリディスクXX」とレーベルをつけてください。
システムを復元するとき、
この番号通りにディスクを使用しないと、
システムは正しく復元されません。
必ずディスク番号がわかるようにレーベルをつけてください。




5 [閉じる]ボタンをクリックする

画面が閉じ、ディスクの作成を終了します。




目カテゴリのその他関連情報
2 システム復元ツールのバックアップをとる
  2-1 起動方法  
  2-2 リカバリディスクを作成する
 

スポンサードリンク
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26130865

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。